So-net無料ブログ作成
検索選択

堀川雷鼓 [展示]

雷鼓、なんとか完成させた
20140629-01.jpg
今までも、剣とか傘とか、手間のかかる付属品がありましたが、今回のドラムセットは付属品の域を超えています。まさに、本体と言うにふさわしい。週末だけの作業とは言え、2ヶ月かかるのも仕方ない。

上から
20140629-02.jpg
ゲーム画面の絵になるべく近くなるように立体化しています。小さいドラムのサークルがやや小さくて、少し窮屈な感じです。置物としてはちょうど良い感じですが。写真じゃよくわからないけど、上着とスカートは、白を塗った後で、銀を薄く溶いて塗ってあります。

横から
20140629-03.jpg
バスドラムの奥行きは、実物のデータを参考にして決めました。人形はドラムに固定していない。金具の位置に座っているので、安定しない。

後ろから
20140629-04.jpg
裏側は情報が無いし、手間をかけるのもさすがに面倒なので、ドラムの模様は無し。髪は少し長めになったかもしれない。イラストだと、そう見えるような気がするのだが。

スティック
20140629-05.jpg
竹ひごを削った。


20140629-06.jpg
いかにもZUNさんらしいデザイン。紐の部分は、さすがに糸で縫うのは困難なので、紙を貼ってごまかした。

バスドラム
20140629-07.jpg
元のイラストからドローのデータ起こして、印刷するのが楽で美しいはずだが、手作業するのが目的の一つでもあるので、元の絵をそのまま印刷して、輪郭を転写して筆で塗って仕上げた。色を塗ってからはめ込んでいるので、胴とのはめ合いを調整してある。あと、金具の部分も、それほど複雑ではないものの、数が多いので地味に疲れる作業だった。

ドラム全体
20140629-08.jpg
小さいドラムも、模様が細かくて地味に時間がかかった。赤いリングの上で浮いているという設定のはずなので、目立たないように透明塩ビで少し浮かせて固定した。固定したとは言っても、接着がやや甘いために、ぐらぐらする。

いつもの
20140629-09.jpg
足を組んで座ったポーズなので、あとからはかせるのは実は大変。無理やりねじ込むので、足の塗装がはがれた。

楽団
20140629-10.jpg
琵琶と琴とドラムで、いったい何を演奏するのか?それでも3体揃うと、そこそこにぎやかな感じである。下北沢あたりのライブハウスに昇格。

今年の新作では新キャラが居ないようなので、今年の分はこれでおしまい。しかしすでに半年過ぎてしまったのか。
タグ:人形 東方
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。